消耗品交換

各消耗品について

エンジンオイル交換
エンジンオイルとは、エンジンをスムーズに動かし、効率よくパワーを発生させるための潤滑油です。このエンジンオイルを長時間使っているとエンジン内の摩擦による金属粉やススなどによりエンジンの性能低下やオーバーヒートなどの原因となります。
オイルフィルター交換
オイルフィルターは、長期間使っているとろ過した不純物により目詰まりし、オイルが浄化されず、オーバーヒートなどのトラブルの原因となります。
バッテリー交換
バッテリーは、エンジンのスタートをはじめ、ヘッドライトの点灯やワイパーを動かしたり、エアコン・カーナビなど楽しく快適なドライブをするために不可欠です。液量の不足はバッテリー上がりの原因となりますので、日常の点検をお勧めします。
オートマティックミッションオイル交換
オートマティック車用ミッションオイル(ATF)とは、AT車(オートマティック車)の自動変速をスムーズに行うためのオイルです。長期間使用していると変速時のショックが大きくなったり、加速や燃費が悪くなるなどの悪影響があります。
ブレーキパッド交換
ブレーキは、パッドやシューが磨耗すると、十分なブレーキ力が得られなくなります。また、磨耗が進むとディスクロータ等の交換など思わぬ出費につながる恐れがあります。定期点検とお早目の交換をお勧めします。
エアクリーナー交換
エンジンでガソリンを燃焼させるためには空気が必要。エアクリーナーは、きれいな空気をエンジンに送るために不純物をシャットアウトします。汚れがたまると空気の吸引が悪くなり、うまくガソリンが燃焼できず、エンジンや燃費に悪影響を及ぼします。
ワイパーブレードラバー交換
ワイパーブレードラバーは、長く使用していると硬くなってしまい、うまく機能しなくなっていきます。
スパークプラグ交換
スパークプラグの失火や着火ミスなどでうまく点火できないと、エンジンはノッキングなどの不調をはじめ、燃費やパワーの低下につながります。